TOP > 事業概要 > 卵洗浄殺菌ライン

うずら卵洗浄殺菌ライン

受入・検査
 
 
 
卵質、卵殻検査

 

 

検卵 投入・浮卵検査

予備洗 殺菌

  シャワーリング/洗卵
ブロワー/水切
乾燥/送風 
紫外線 殺菌
       
     
       
 
  検品・出荷   自動パック詰め 検卵
       

採卵 記録項目(採卵日 農場名 卵数 検卵 選別)  
     
集卵 記録項目(集卵日 農場名 集卵量)  
     
輸送 常温輸送・小型トラックパネルバン(直射日光厳禁)  
     
受入 鶉舎で選別し卵は、農協GPへ毎日入荷。
搬入には、卵に優しい平トレーで統一
受入管理簿 産卵日 農場名 数量
     
検査 各農場の鶉卵を集め、格付及び微生物検査を行う。 微生物管理簿 大腸菌 サルモネラ検査
     
投入 検卵をして綺麗な良い卵だけを洗浄ラインに乗せる。 選別管理簿 格外卵
     
予備洗 ヒビ卵の選別と併せて浮卵検査も同時に行う。 浮卵管理簿
     
殺菌 次亜塩素による一次殺菌処理 濃度管理 
     
シャワーリング 温水シャワーで、卵表面の殺菌と汚れを洗い落とす。  
     
ブロアー 高圧送風で水切りをして乾燥を速める。  
     
検査 乾燥後ローラーコンベヤーの上で卵を回転させて
検査をし、 不良品は取り除く。
不良卵管理簿
     
殺菌 紫外線による二次殺菌処理をする。  
     
パック詰 10卵パック詰め。30卵化粧箱詰め。一個包装。 日付管理簿ラベル貼印
     
検品 最終検品後箱詰め。 最終検査者ラベル挿入
     
出荷 方面毎にパレットへ乗せて出荷先の確認。 出荷管理簿